FC2ブログ

オーダーシャツのアフターフォローのお話です

心躍る春
4月のスタートは冬に戻ったかのような冷たい雨
こんな寒い春の幕開けにみなさんを元気に出来る話は無いものか・・・!!

何度かコルテーゼでシャツを作っていただいているお客様にもたまーに聞かれることを書きますね。
初めてコルテーゼに行くんだけどってお客様も今後の参考にして下さい。

出来上がったシャツをお渡しする時にシャツ、ご注文書と一緒に生地もお渡しします。
シャツを作った時に出る余った生地です。
たぶんどこのオーダーショップでもお渡しすると思います。

1491017125448 (3)
大きさはお客様によって違いますが、まあこんなの↑です。

この生地の使い途が今日の本題。
着用頻度にもよりますが、着ているシャツの衿やカフスが擦り切れるって経験ありませんか?
お気に入りのシャツなら尚更に着用頻度も高まって早いうちからこうなることがあるかも知れません。
そうなってしまったらすぐに新しいシャツを作ることをお薦めします!
・・・などという「作りっ放し、作らせっ放し」のようなことはここコルテーゼでも言いません。

もしそうなってしまったらその生地とシャツを持って相談に来て下さい。
有償になってしまいますが修理してそのお気に入りを復活させましょう!

1491017114282.jpg

こんな感じで衿やカフスの型をあててみて(ちなみにこの生地は二つ折りになっています)
余り生地で取り替えられるかを確認します。
お持ちいただいた生地だけで出来るようなら衿と両カフスで合計¥2,200 からお取替え可能です。
衿型を変えてみたり、値段が余分にかかりますが刺しゅうを入れてみたりで違った1枚の
出来上がりってのも良いかも(笑)

当店定番の白生地でクレリック仕様なんてのもお薦めです。
1491021502909.jpg

衿とカフスをクレリックなら¥3,300 から可能です。
(写真は余り生地でのくるみボタン仕様でプラス¥800)

そして店内を見回せば春の新柄も並んでいますからついでに新しく1セット作りたくなること必至!!
古きを直して新しきを求む・・・これぞオーダーシャツの『温故知新』じゃあ~りませんか(爆笑)
余り生地のお話とオーダーシャツならではの楽しみ方の一端をご紹介でした。

この雨が上がったら明日からはまた春らしい暖かさが訪れるようです。
暖かくなるって聞くと元気が出てくるでしょ\(^o^)/
4月のコルテーゼも元気にみなさんのご来店をお待ちしています。

今日の一粒で2度おいしい話
どこでも共通な話だからコルテーゼお店のブログにも載っけてもらお(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

オーダーシャツのコルテーゼ

Author:オーダーシャツのコルテーゼ
〒176-0023 東京都練馬区中村北1丁目1-16
TEL03-3825-0652 FAX03-3825-0653
•西武池袋線「練馬駅」より徒歩4分
•都営大江戸線「練馬駅」より徒歩4分
•営業時間/月曜日~金曜日:11時~20時(土・日・祝日は18時まで/火曜日・各月第一月曜日は定休日)
地図
練馬駅からの道案内です(クリック)

最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示